一生モノの恋。#付き合うまで編(2)

漫画総合目次はこちら

↑出会い編(付き合う編の前)
↑前の話

本編:第2話

あとがき:大切にされている、実感

まぁ、これが普通なのかもしれないですけど!笑

私はここまで付き合ってきた人が、全体的に私を見下すタイプの人達でした。私から大体惚れているので惚れたもん負けっていうところもあるんですが、それにしても酷くないか?って思うことが多々。

りゅうくんは、それまでの人達と全然違いました。ちゃんと毎日連絡をくれるし、毎週会う約束をしてくれるし、「会いたい」という言葉もくれる。私の一方通行な感じがあんまりしなかったんです。

でも、ただ肝心な言葉がない。付き合おうとは、言われない。

「まだわからない」と言って保留されている分、りゅうくんが「わかった」と思えるタイミングがいつなのかが分からなかったんですよね。さすがにもう一度告白して、もう一度同じように保留されたりでもしたら心が折れるなと。

この頃はとにかく心がずっと揺れてました。

続きます。

タイトルとURLをコピーしました