私の一生モノの恋が理想と全然違った話。第11話

漫画総合目次はこちら

↑第1話
↑前の話

本編:第11話

あとがき:元彼に気づかされたこと

「言葉にすることの大切さ」に関しては、この時(と後々)にこの元彼にとても思い知らされました。

私も元彼も、お互いに言葉にしないタイプだったんですよね。中に溜めて、「不機嫌」という形で表に出す、最悪なタイプ。
だから私は、私ばっかりがずっと好きなんだと思ってました。全然言葉にしてくれないし(自分もなんですが)、行動ではなんとなく「大切にされてる」のはわかるけど、本当に私のこと好きなの?ってそればっかり。

だからそれが爆発して、「もういやだ!!」ってなったんですよね。本当に苦しかった。

このLINEのやりとりで、「もう元に戻れないのか」って聞かれるところがありますが、これ実は本当に嬉しかったんです。この人は私に関心が薄いんだとばかり思ってたから。私が離れてしまったら、追いかけもせずふらっと別の女の人と一緒にいるんだろうなぁと思ってたから。
「元に戻れるなら戻りたい」と思ってくれてるのかもしれない、っていうことだけですごく嬉しかった。

でも、もうこの時にはまた戻って今までの繰り返しになることが怖くて、別れることを選びました。
ここで「お互いに素直になって言葉でしっかり伝える」という改善ができれば違ったのかもしれませんが、1年以上一緒に居て今更そんなことができるとは思えませんでした。し、今となっては最高の人と結婚して幸せに生活しているので、ここは私の人生の分岐点だったんだなぁとしみじみ思います。この経験がなければ、私はりゅうくんにも素直になれてなかっただろうし言葉で伝えることはできなかったんじゃないかな。

この元彼とはもう連絡はとっていませんが、人生で大切な気付きを得られた貴重な経験でした。

続きます。

↓次の話

タイトルとURLをコピーしました