私の一生モノの恋が理想と全然違った話。第9・10話

漫画総合目次はこちら

↑1話
↑前の話

本編:第9・10話

あとがき:こんな人がいるなんて

衝撃でした。笑

私が今まで恋愛関係にあった人達がおかしいのかもしれませんが😂、そもそもチャラいと思っていたのもあり「終電逃した」って言われた時「あーやっぱそっか」と思ったのを覚えています。

「始発までネカフェにいる」と言っていたので、「じゃあうちにおいでよ」と誘ったのは私でした(あまりに申し訳なくて…)。でもそもそも初対面の時声をかけてきたのはりゅうくんだったし、やるんだろうなーと覚悟はしていました笑
と、まさかの「声をかけたかったのは自分じゃなく友人」とびっくりの事実が発覚🤔しかも男二人で呑みに行くことはほとんどなく、女の子をひっかけようとしたこともないと。まずそこで「チャラそう」→「まさか誠実?」で一つ株が上がり、さらにこの日まったく手を出されなかったことでさらに私の中での「りゅうくん誠実説」が真実味を帯びてきたのでした。

まぁでも一番は、話した時の話し方だったり、雰囲気だったりがあんまりチャラそうじゃなかったんですよね😳顔も好み、話していて誠実そう、音楽の趣味も合う。こんな人もう二度と会えないんじゃないかな、というほどにその日は楽しかったのでした。

続きます↓

私の一生モノの恋が理想と全然違った話。第11話
漫画総合目次はこちら↑第1話↑前の話本編:第11話あとがき:元彼に気づかされたこと「言葉にすることの大切さ」に関しては、この時...
タイトルとURLをコピーしました