私の一生モノの恋が理想と全然違った話。第3・4話

↑20歳頃の恋愛話(完結済)
↑前の話

本編:第3・4話

あとがき:現夫、りゅうくんとの出会い

ということで、少女漫画に憧れに憧れていた私が今の夫と出会ったのは、こんな少し適当・投げやりな感じだったのでした😂笑


私は極度の寂しがりで、「一人暮らし」が基本無理なんです。自分の部屋の外に誰かいる、もしくは誰かが住んでいる部屋に自分がいるっていう状況が一番好きな状況でした(自分ひとりの時間は大切なので、自分の部屋は自分の部屋でないとダメなんですけど(わがまま))。
それが、彼氏と別れてしまったために、毎日通っていた彼氏の部屋に行けなくなってしまったんですね。1年半も毎日一緒にいたのに、突然それが無くなってしまう寂しさに、私はひとりでは耐えられませんでした…。

でもそんな、ただただ「寂しかったから連絡先を交換した」っていう軽い出会いが、もう今や「あれは出会うタイミングが神がかってたし、こんなに幸せな人生を歩める人りゅうくん以外いないから、本当に運命だったんだね!!」という出会いに昇華されました。😂笑
結局、出会い方よりもその後の方が大切なんだろうなぁ。ほんと、運命の出会いってどこに転がっているかわかりませんね。

まぁただ、そんなこんなで出会った私達ですが、そうそうすんなりと付き合うことができたわけではありませんでした。
「出会い編」、まだまだ続きます。

次の話↓

タイトルとURLをコピーしました